親友が妊活していた頃の話だったと思いますが、

親友が妊活していた頃の話だったと思いますが、漢方を欠かさず服用していたようでした。
彼女の話では、体質から変えたい、と考えているようでした。
妊活中は薬を控えた方が良いと聞いていましたが、漢方であれば飲むことに抵抗がありませんね。
彼女は漢方を続けていたようです。その効果かどうかはわかりませんが、結果的に赤ちゃんを授かることが出来たそうですから、本当に嬉しいです。
友達のところもそうですが、うちも二人目不妊でクリニックに通い始めました。本当は夫婦一緒に不妊検査と治療をと願っていたのですが、くどく言うと怒られそうな気がしたので、とりあえず自分だけで、タイミング療法に取り組みました。料金は1回2800円で安価でしたが、そう簡単には妊娠できず、ちょっと出費でしたが葉酸サプリを導入。
私の場合はそれが良かったのでしょう。
全部飲み切らないうちに、下の子を授かりました。妊活中の女性にお薦めしたい食べ物には、豆腐(豆乳)、納豆、魚といった身近な食品があります。
鶏卵・ごま・レバーに、珍しいところでブロッコリーなども妊娠に欠かせない栄養素を含むので、意識して食べたい食品に入ります。
また、栄養バランス良く様々な食品群の中から栄養を摂ることが理想的な食生活というのに変わりはありません。
一方、妊娠を妨げる可能性のある食品群は今しばらくは我慢するべきでしょう。葉酸は、適切な摂取によって胎児の先天性神経管異常などの発症リスクを下げることが判明し、そうした目的から妊娠を望む方、あるいは妊娠初期の方に摂取が望まれる成分ですよね。
とはいえ、つわりや体調によっては、食事自体が難しくなりますから、それに伴って十分に葉酸を摂取するのも難しくなりますが、そんな時には体調を第一に考えて、無理に食べない方が良いです。
葉酸はサプリメントなどの栄養補助食品を飲めば理想的な量の葉酸を摂取できるという訳ですね。
実は、妊娠を計画している女性に向けて、厚生労働省が、積極的な葉酸の摂取を求めています。細胞分裂が行われる、妊娠初期に葉酸が不足してしまうと、胎児の細胞分裂が正常になされずに、神経管閉鎖障害などの異常があらわれる可能性が高くなるそうなのです。
もちろん、葉酸を摂取したら確実に発症を回避できるのかと言うとそうではありません。
ですが、可能な限りそのリスクを低減するために、妊娠1か月以上前から妊娠初期の、最も葉酸が必要となる時期に、食事で摂取する分の葉酸以外に、サプリ等の栄養補助食品によって、1日あたり400μg(0.4mg)の適切な葉酸摂取が厚生労働省より求められているわけです。基本的に、葉酸は妊娠前から妊娠3ヶ月の期間の摂取が推奨されています。
ところで、この期間を過ぎた後、具体的には妊娠中期から後期の妊婦にとって、葉酸は必要ないのでしょうか。
実際には決してそうではないんですよね。胎児が先天的な障害を発症する可能性を下げてくれるという意味では、皆さんがご存知の「妊娠前から妊娠3ヶ月まで」が大変重要な期間という事ですので、お腹に赤ちゃんがいる間でも、特に妊娠3ヶ月までの葉酸摂取が、強く勧告されているという事です。妊活中や妊娠初期の女性にとって、葉酸の働きは最も重要なものだと言われており、国民の健康に関する業務を管轄している厚生労働省が適切な時期での十分な摂取を呼びかけています。
体内に入った葉酸は、水溶性であるために尿、汗と共に体外に排出され、身体の中に蓄積していく、ということは殆ど無いのです。
ですが、葉酸をたくさん摂ればいいのかと言うと決してそうではなく、過剰摂取によって副作用(呼吸障害・発熱・かゆみ・吐き気など)を引き起こす可能性があるそうです。
サプリは葉酸の摂取を手軽に済ませてくれる便利なものですが、過剰摂取には十分注意し、指示された分量と用法を守ってください。
葉酸の摂取による妊婦や胎児への影響が明らかになって以降、葉酸は産婦人科においても妊娠が分かった方には、摂取するように指導されています。
葉酸サプリのサンプルを、産婦人科が配布する場合もあるそうですから、その効果のほどが伺えますね。
ですが、妊娠中に葉酸を摂取しなかった方もいますよね。もしも、サプリによる葉酸摂取無かったとしても、葉酸はビタミンの一種ですから、食品の中でも肉類やホウレンソウなどの青菜類に多く含有していることで知られています。なので、普通の食生活を送っていれば、多少は葉酸を摂れていたと思います。皆さんは普段サプリを利用していますか?サプリは不足しやすい栄養素を手軽に補給できるという利点があります。妊活中の方をサポートし、体調管理をするのに適したサプリと言えば、葉酸入りのものにすれば、間違いはありません。
妊活中に不足しやすい葉酸には、貧血を予防してくれる効果が認められていますし、赤ちゃんが先天的な障害を負う可能性を抑えてくれますし、それと、意外かもしれませんが、精子の染色体異常を防止してくれる効果もあるりますから、夫婦どちらに対しても大切なサプリであると言えますね。不妊の要因としては、排卵障害や着床障害といった女性側要因と、造精機能や性機能の低下ないし障害があるといった男性側に原因があることとが挙げられるでしょう。原因といってもこのように複数あり、男女どちらかのせいにするのは非現実的です。両親そろってこそ赤ちゃんは出来るのです。男性、女性、両方が早めに検査を受けることが推奨されているのも当然ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です